安心安全のために|東京都江戸川区から江東区、葛西、浦安近郊での水の宅配ならウォーターサーバーレンタル無料のクリクラにお任せ!ミネラルが入ったおいしい水を無料で宅配。

安心安全のために

クリクラができるまで

製品水

原水

毎日、幾度となく繰返される水質検査。
原水の管理にも余念がありません。

↓

前処理フィルター①②③(プレフィルター)

厳重に管理された原水は、3段の前処理フィルターにより、約1ミクロンまでの不純物を取り除きます。

↓

逆浸透膜フィルター(ROフィルター)

3段の前処理フィルターにより磨かれた水は、逆浸透膜フィルターによって、約0.0001ミクロンまでの不純物を除去 ⇒すなわち、不純物をほぼ完全に除去します。

↓

後処理フィルター

逆浸透膜フィルターを通過したきれいな水は、後処理フィルターにより更に磨きがかけられ、ピュアな水=H2Oをつくり出します。

↓

ミネラル成分配合

クリクラは健康の維持促進に好ましいとされるミネラルバランスのひとつCaとMgを2:1の比率で配分。おいしいだけではなく、健康にも配慮しています。

↓

UV(紫外線)殺菌

クリクラの殺菌方法はUV殺菌。
製品水は熱をかけずに紫外線により殺菌、清涼感を維持します。

↓

UFフィルター

紫外線により殺菌された製品水は、充填直前に最終ろ過。安心・安全なクリクラのできあがりです。もちろん水質・官能検査も日に幾度となく実施。
安心・安全だけではなく、おいしさもチェックしています。

↓

リターナルボトル

1次検査

お客様から回収されてきた空ボトルは、製造ラインへ進む前に、外側・内側に発生している異常や変化を全数検査のうえ分別します。

↓

2次検査

1次検査を通過した空ボトルは、製造ラインに乗せる直前にも検査を行います。もちろん、異常が確認されれば製造ラインの外へ取り除かれます。

↓

オートデキャッパー(準清潔区域)

2次検査を通過した空ボトルは、準清潔区域内でオートデキャッパーによりここで初めてボトルキャップが取り除かれます。

↓

官能検査(臭気)(準清潔区域)

ボトルキャップが取り除かれた空ボトルは、検査員により官能検査を行います。ここで空ボトル内部に臭気が確認された場合はラインから取り除かれ、無臭の空ボトルだけが次の工程に進みます。無臭・・・これはクリクラの必須条件。妥協を許しません。

↓

プレリンサー(準清潔区域)

官能検査を通過した空ボトルは、プレリンサーにより内側、外側共に1次洗浄・殺菌を行います。

↓

リンサー(清潔区域)

ここから充填・密封までのラインはオートメーションとなり、人手が触れることはできません。リンサーでは空ボトルの内側、外側共に洗浄・殺菌を繰返し、安心・安全なクリクラの充填を待ちます。

↓

充填・密封(清浄区域内クリーンルーム)

クリクラの充填・密封を行うのは、クリーン度クラス100のクリーンルーム内。厳重に管理、製造されたクリクラは、洗浄・殺菌を終えたばかりの空ボトルに次々と充填・密封されて行きます。

充填・密封(清浄区域内クリーンルーム)

↓

目視検査

クリーンルーム内で充填・密封されたクリクラボトルは、最終検査を目視で行います。無色・透明・無臭がクリクラの常識。1本1本丁寧に全数検査を実施、微細な異常も見逃しません。

目視検査(清浄区域)

↓

保管(屋内保管庫=管理区域)

できあがったクリクラボトルは、屋内の保管庫へ移動、約48時間厳重な管理の下、出荷の時を待ちます。安心・安全をお客様のもとへ・・・水質検査の結果が明らかになるまでクリクラボトルは出荷されません。

保管(屋内保管庫=管理区域)

↓

出荷

いよいよ出荷。クリクラボトルはお客様のもとへ・・・
製造工程を厳重に管理されできあがったクリクラボトルは、専任セールスドライバーにより1本1本愛情をこめてお客様のもとへ出荷されて行きます。【おいしい・便利・安心】をお客様のもとへ、今日もお届けいたします。

出荷

安心してお飲みいただくために

業界初HACCP認証取得!

住之江プラントでは、操業開始からHACCPシステム導入を目的とし、衛生管理を行ってまいりました。 平成21年5月に厚生労働省より「総合衛生管理製造過程(HACCP)」の承認を受け、クリクラのモデルプラントとして製品安全と品質向上への取り組みを強化し、お客様に安心してご愛飲いただける製品づくりを日々行っております。

また、「総合衛生管理製造過程(HACCP)」認証後も、1年に1回国の機関からの監査を受け、HACCPシステムが適正に運用されているかチェックを行います。


徹底した品質管理―クリクラ中央研究所

インターネットによって日本全国にあるクリクラ水製造プラントを結び、製造プラントの運転状況、出荷状況、警報内容などの情報を中央研究所及び本社にて集中管理することが可能になりました。
この結果、運転異常等の問題についても早期に発見し、遠隔操作にて即時に装置改善を行うことが出来ます。

クリクラサーバーの定期メンテナンス

1年使用すると、冷水・温水コックやボトル差込口などはどうしても汚れてきます。また、サーバーは電化製品なので定期的な動作確認も必要です。
クリクラでは、お客様にいつも清潔で安心なサーバーをご利用いただくために、1年に1回、サーバーを回収し、メンテナンスを行います。

回収したサーバーは、下記の5つのメンテナンス項目を経て新しいサーバーに生まれ変わります。


1:メンテナンスの流れ

流れ

・あんしんサポートパック料 417円/月(税別)は必要となります。

2:5つのメンテナンス項目

クリクラのメンテナンスは、専門スタッフにより一台一台パーツごとに、清掃・洗浄・点検をしています。安心してご利用ください。

サーバーに8つの安心機能

クリクラサーバーは安全に配慮し、8つの機能を設けております。抗菌パックや、業界初のHEPAフィルターで空気中の雑菌を排除し、衛生面の安全性を向上。さらにチャイルドロックや空だき防止による使用上での安全も確保。また日夜安全性を高めるために最新技術の研究を行っております。

流れ

災害時には飲料水の確保が重要

災害に対する意識が高まる昨今、家族の集合場所を決めた、非常持出し袋を用意した、など万が一の備えをしている方が増えています。

防災グッズや食料の確保はもちろんのこと、飲料水について考えられた方も多いのではないでしょうか。

地震や災害直後は、電気・ガス・水道など様々なライフラインに影響が出ることが想定されますが、中でも最も人間の生命に関わってくるのが水の供給です。災害直後は、交通手段の途絶や交通渋滞により応急給水活動にも時間がかかると予想されます。

万が一の時、毎日必要な水が手に入らないという状況は、十分起こり得る可能性があるのです。

そんな時、災害時に十分な備蓄水が確保できていれば、安定した暮らしができるとともに、心に大きな安心とゆとりをもつことができるのです。

全国各地の自治体でも、災害時の水不足に備え、住民に水の備蓄を強く呼びかけています。

飲料水の確保については、1人1日最低3 リットルの水が必要と言われています。各ご家庭でも家族の人数の3日分を目安に水を確保する必要があります。


万が一の時も、クリクラがあれば安心

災害のような万が一の時でもクリクラがあれば安心です。 備蓄水の量は1日1人3リットル、4人家族×3日分なら36リットルです。クリクラボトルならちょうど3本置いておくだけで、備蓄水の代わりになります。

またクリクラなら常に定期的に配送されている新鮮な水ですから、非常時に「賞味期限切れだった」などという心配はありません。 またクリクラサーバーを使えば、電気さえ復旧すれば、冷たいお水や熱いお湯がすぐに使えます。また、停電状態でも給水だけであれば可能です。

クリクラなら日頃おいしいお水を飲んでいるだけで、自然と非常時の備蓄水にもなっているのです。暮らしを便利に、楽しくするのはもちろんのこと、非常時の備えとして、クリクラはあなたの暮らしに安心もお届けします。



PAGE TOP